社員を知る

06

Masaki Muranishi

村西 正基

キャリア:2006年度入社
入社時:中途
ポジション:店長
勤務地:駒吉店

お客様にも、働く仲間にも愛される店を

「独立がしたい!」とにかく将来自分のお店を持ちたい!


 私は大学時代、経済学部に4年間通っていました。といっても、実を言うとあまり勉強はしておらず、むしろ居酒屋の調理スタッフの仕事が楽しすぎて、ずっとアルバイトに没頭していた日々だったように思います。そんな毎日でしたから、就職活動では自然と飲食産業に行こうと思っておりました。中でも本格的な日本料理が学べるとのことで、ひようたんやの近江八幡駒吉店に入社を致しました。

 ひようたんやでの私の一番のやりがいは、「お客様が喜ぶことのために、自分で考えたアイディアを実行すると、その成果が得られる」ことです。ひようたんやには社長と女将の大きな考え方やコンセプトはありますが、お店の運営やお客様へのおもてなしの方法などは、すべて現場の私たちに任せてもらえます。逆に言えば、全てにおいて自立した飲食人であることを求められるのが、ひようたんやという会社なのです。
 大変なことも多いですが、言われたことをただやるのではなくて、自分で「これが良いのではないか」と考えて動けるので、結果が返ってきたときの喜びはひとしおです。

 

「今までの人生で一番美味しい料理だったよ!」


 私の中で、忘れられないエピソードがあります。一度、お寺の住職の方々が宴会に来られたことがありました。
 本格的な日本料理を、とのご要望を承っていたのですが、住職の方々はきっと懐石料理を食べ飽きているだろう、と思い、料理長に普通の懐石料理ではまず出すことのない「鯛の兜煮(たいのかぶとに)」をお願いしたのです。
 それを食べていただいた後、上座の方に、「今までの人生で一番美味しい料理だったよ!」とお言葉を頂きました。飛び上がるほどに嬉しい一言で、そして、人生で忘れられない言葉になりました。
 僕たちの仕事の最終的な着地点は、「お客様にも、働く仲間にも、愛されるお店づくりをすること」だと考えています。その日の献立を決める時は、実際に来られるお客様の顔を思い浮かべながら考えますが、お客様の顔がなかなか思い浮かばない時には、自分がお客なら何を出されたら嬉しいと思うかな?という、身近な所から考えたりもします(笑)。
 だから、多種多様な好みを持つお客様が多くなった昨今、私は、色々なタイプの人達が働くひようたんやが、もっと幅を広げられたら、とても面白い提案をお客様にできるようになるんじゃないかと思っています。
 今度も、色々な色を持った皆さんが入社してきてくれることを、とてもわくわくしながら待っていますね。