”異業種の考え”を取り入れること

「全く違う文化を取り入れられる文化」作りを、
ひようたんやでは心がけております。

私は入社前、とある大手のアパレルメーカーに勤めておりました。本社勤務の事務職として、海外受注品の金額や数の管理を行う入力事務に従事していたのですが、ひようたんやに入社した当時は接客業も初めてでしたので、飲食業界や接客業などわからないことだらけ。けれど先代の女将が、お客様に対しての接し方、おもてなしにとても厳しい方でしたので、「常にお客様のことを考えて行動しなさい」と教えられながら、顔の見える距離にいらっしゃるお客様を「楽しませる」という、前職では考えられなかったやりがいを実感しました。

そうしているうちに、前職では見えてこなかった
お店の問題点というのも見えて参りました。

特に別業種では「当たり前」だと思っていたために気になるところですが、飲食業界では、どうしても日々の忙しさの中で「数字やお金の管理をしっかりとする」という点をおろそかにしがちな側面がございます。仕入れや店の売り上げの管理、アルバイトの時間の管理など、当たり前のことを日々当たり前にやっていくことが、日本料理店の経営に結びついていく。そうした取り組みを現在は行っております。よく職場を見ていて特に感じることですが、同じ職場で働き続けていると、「自分たちの常識」が「他の業界では通用しない」ということに気付かないままのことが多くございます。そのため、ひようたんやでは常に他業界の考えを取り入れようと、採用を積極的に行っているのですね。日本料理業界は、変わるコトを恐れる保守的な世界だと言われがちですが、私はひようたんやでそのことを感じたことは一切ございません。

どのお客様にも、「今度は大切な誰かを連れて行きたい」と思って頂ける店であり続けること。

もちろん、一方で私がひようたんやの現場で学んだことは、数えきれないほどあります。一番大切なことは、お客様にひようたんやでのお食事を楽しんでいただいて、「もう一度来たい、今度は大切な人を連れて」と思っていただくことだと感じました。
今の私の座右の銘は、「仕事に大小を考えず、常に全力を叩きこむこと」。どこの業界でもそれは同じことだとは思いますが、約束を必ず守ること、ひとつひとつ心を込めること、お客様の以前の注文の内容から好き嫌いを記憶しておくこと、笑顔を忘れないこと……。これらをすべて貫こうとしたら、手を抜いている暇はございません。1つのことに集中せずに、周囲を見ながら、今一番すべき仕事を選ばなければならないのです。だから、この仕事は面白いのです。

ひようたんやでのお仕事は、決して楽なものではございません。しかし、自分で考えて、自分で行動した結果が、すぐにお客様からの反応として直接返ってくる。これ以上に楽しいことはないと思っています。失敗しても構いません。ぜひ、この世界にトライしてみてくださいね。